シミウスの成分は?副作用は起こらない?

 

毎日使うコスメは、お肌に負担がかからないものを選びたいですよね。
特にお肌が弱い人は、何が配合されているかは気になるところでしょう。

 

シミウスにはどのような成分が使われているのか、副作用が起こる成分は配合されてないのかまとめています。

 

シミウスの成分

シミウスは医薬部外品のオールインワンジェルです。
「診療と新薬」という医学雑誌にも掲載されており、医学的にも認められていると言えますね。

 

美白有効成分

薬用美白成分のプラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

 

プラセンタエキスは胎盤から抽出される成分です。
アミノ酸を多く含み、アンチエイジング作用があるとされています。

 

副作用が起こりにくく多くの化粧品やサプリなどに使われていますので、美に興味がある女性なら名前くらいは聞いたことがあると思います。

 

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)は、抗炎症作用があります。
お肌の調子を整えるので、敏感になっているお肌を落ち着かせる効果もあります。
ニキビをできにくくする成分としても知られていますよ。

 

うるいおい成分

肌のキメを整えるシコンエキス、ハリと潤いを出す水溶性コラーゲン、透明感を出すサクラ葉抽出液、水分の蒸発を防止し美白をするヒアルロン酸Naなどが含まれています。
保水力、保湿力が高いので、乾燥が進んだお肌にも潤いを与えられます。

 

天然由来成分

アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージセキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス、トウキンセンカエキスなどが配合されています。

 

シミウスは天然由来エキスが多く使われています。
自然の力でお肌を整えていくので、お肌への刺激は少ないです。
敏感肌でも使いやすいでしょう。

 

シミウスは無添加ではない

無添加をアピールしている化粧品はよく見かけます。
アルコール、パラペン、添加物、着色料、保存料などを含まず、お肌に優しいと謳っています。

 

シミウスの公式サイトを見ると、「無添加」の文字はありません。
配合成分を見るとフェノキシエタノール、香料、エタノールなどが含まれており無添加ではないんです。
無添加じゃないので、肌への刺激が強くないの?と心配になる方もいると思います。

 

無添加にはデメリットもある

無添加は確かにお肌に優しいのですが、デメリットも出てきてしまいます。
テクスチャーが良くない、日持ちがしないといったことになってしまうんです。

 

添加物が大量に使われているわけでなければ、お肌に強い刺激を与えることはありません。
シミウスは天然由来エキスの中に適度に添加物が配合されている程度ですので、無添加でないからお肌に悪い影響を与えるとはならないでしょう。

 

敏感肌でも使いやすい

シミウスは成分を見ても、お肌に大きな負担をかけるとは言えません。
むしろ有効成分が多いので、お肌には良い効果が出ると考えられるでしょう。
口コミを見ても、敏感肌でも使えているケースが多いようです。

 

もしもお肌に合わないときは返金保証を利用しよう

ただ、肌には優しいと言われても、本当に自分の肌に合うか心配…という声もあります。
今まで化粧品で肌トラブルを経験していたりすると、「シミウスもダメなのでは?」と思ってしまうのは当たり前ですよね。

 

それなら、シミウスを実際に使って判断するしかないでしょう。
シミウスは公式サイトのお試しコース(定期コース)で購入をすると、返金保証が付いています。

 

もしお肌に合わないときは、返金をしてもらえるんですね。
お肌が弱い方でも、実際に試して肌トラブルが起きないかを試すことができます。

 

まとめ

シミウスはお肌に刺激が少ない有効成分が使われており、敏感肌でも刺激を感じにくいオールインワンです。
もし肌に合わなくても返金保証がありますから、まずは実際に試してみるのが良いでしょう。

 

シミウスの口コミと効果は?23人の口コミをまとめてチェック!