シミウスはシミに効果がない?

 

ケアをしているつもりでも、気が付くとシミってできていたりするんですよね。
年を取るたびに増えてしまうし、濃くなるなるし…。
シミがあるとないとでは見た目年齢がだいぶ違ってきてしまいますから、何とかしたいものです。

 

シミの悩みに、おすすめとされているのがシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)です。
リピート率は93.9%もあり、楽天ランキングでは売上第1位を獲得するほど人気です。

 

満足度が高いはずなのですが、効果が感じられない…という口コミもあるようなんですよね。
期待して使ったのに全然良くならないどころか、シミが濃くなったなんて口コミもあるようです。

 

シミウスを使っても効果がないのは、なぜなのでしょうか?
検証してみると、いくつか理由があるようです。

 

シミウスがシミをなくす仕組みは?

シミウスは美白成分や保湿成分により、お肌のコンディションを整えシミ対策をしていきます。

 

メラニンの生成を抑制

薬用美白成分の高濃度プラセンタが、シミの原因となるメラニンの生成を抑制します。
メラニンができなければ、シミができることもありません。
シミができないお肌になれます。

 

うるおい成分でお肌を保湿

コラーゲン、シコンエキス、ヒアルロン酸などの保湿成分が、お肌の奥からしっかりうるおいを与えます。
乾燥しがちなお肌を保湿し、健やかでダメージに強いお肌になれます。

 

保湿されお肌のコンディションが良くなると、ターンオーバーが促されます。
ターンオーバーのたびにお肌が再生され、今あるシミの元も排出されていきます。

 

シミウスが効果なしと感じる理由

口コミを見ると、シミウスを使っても効果がないとなる理由がわかってきました。

 

即効性がない

シミウスはターンオーバーにより、徐々にシミを排出していく商品です。
ターンオーバーの平均日数は28日と言われていますが、年齢や肌の状態により個人差があります。

 

30代になると40日、40代は55日、50代は75日もかかるなんても言われています。
シミウスでシミが薄くなったなと感じられるのは、早くても1か月後、人によっては2か月〜3か月かかることになるでしょう。

 

すぐにシミを消したいという場合は、美容クリニックに通うくらいしかないと思われます。

 

メラニンが排出される

シミを薄くしたかったのに、シミウスを使っていたら逆に濃くなったなんて口コミがあります。
悩んでいたシミが悪化するんて、「だまされた〜」となってしまいますよね。

 

実はシミが濃くなったように感じるのは、シミウスが効いている証拠なんです。
シミウスは肌の奥にあるメラニンを排出させます。
メラニンが肌の表面に出てきたので、濃くなったように見えるんですね。

 

使い続けていると、シミが薄くなっていくでしょう。
この時点で「シミウスはダメ」と使用を中止してしまうと、もったいないので注意をしてくださいね。

 

マッサージをしていない

シミウスはマッサージに適した、ダブルクリスタル製法。
2層のジェルで粘弾性がアップし揮発性が少なく、お肌になじみやすいです。
そのため、シミウスを使っているのに、マッサージをしないのはもったいないです。

 

マッサージをすると血行が良くなり、お肌に必要な栄養が行き渡りやすくなります。
老廃物がたまりにくくもなりますので、シミも排出されやすくなるでしょう。
3分で良いので、マッサージをプラスすると効果的です。

 

シミウスが効かない症状である

シミウスで改善・予防ができるのは、紫外線などの刺激によりメラニンが過剰排出されてしまったシミです。
先天性のそばかす、アザ、イボ、肝斑などは、シミウスを使っても効果を感じるのは難しいでしょう。

 

紫外線を受けたことによる老人性色素斑、ニキビやキズ跡がシミになってしまった炎症性色素沈着などなら、シミウスは効果的です。

 

まとめ

シミウスが効果なしとならないためには、根気よく使うことが必要です。
さらに、マッサージをプラスするとより効果的です。
また、シミウスが効かないケースもあることは覚えておくと良いと思います。

 

シミウスの口コミと効果は?23人の口コミをまとめてチェック!